▼以下の各誌にウォルセラムに関する論文が掲載されています 。

製品情報 最大の特徴「セラミック・コーピング製作における、従来のエレクトロフォーミング製品との違いを見る」
適応症例
支台歯形成
センターラボ

 ●歯科技工誌(2006年5月号)
   『エレクトロフォ−ミング法を用いる

    新しいオ−ルセラミックスクラウンシステムの臨床術式』
   山本裕一

 ●QDT誌(2005年2月号)
  『WOL-CERAMシステムの特徴と臨床応用』
   郷上 勲,庄 慶彦 ほか  クインテッセンス出版(株)

 ●QDT別冊/システム別にみるCAD/CAM・オールセラミック修復
  監修 山崎長郎  クインテッセンス出版(株)
  『パウダースリップ築盛法でコーピング製作 WOL-CERAM』
   高辻威志,山本裕一

 
 適合がいいから頑丈です。
  従来のエレクトロ・フォーミングの原理を活かし、副歯型を使わない
 新しい概念で作り出されたのが『ELC ウォルセラム・コーピング』です。
  エレクトロ・レイヤード・セラミック システムから生み出される均質
 で緻密なセラミック・コーピングは、適合精度の飛躍的な向上により、
 従来の咬合圧を要因とした破折率を格段に軽減します。
  素材にはアルミナ・ポーセレンに加えてジルコニアも使用可能です。
3月/国際デンタルショー
IDS 2007 に出展。
日本歯科技工学会への出展写真を見る    
       
ウォルセラム製作工程写真